So-net無料ブログ作成

『いただきます』 [あれこれ]

 今日は、『いただきます』というドキュメンタリー映画を観てきました。
 この作品では、ー食べることは生きることーをテーマに、昔ながらの和食を給食に取り入れている福岡の高取保育園と神奈川県の麦っこ畑保育園の様子が紹介されています。

 作品中、とても印象的だったのは、なんと言っても子供達の気持ちの良い食べっぷり!
 器についた小さな米粒やおかずの一かけらさえ丁寧に平らげるその様子に、自分が料理を作ったわけでもないのに、心から嬉しく幸せな気持ちになりました。
 そして、冬でも裸足で元気一杯に走りまわり夢中で遊んでる姿からは、大きな大きな生命力を感じました。

 この作品が気になるかたは、どうぞ公式ホームページをご覧になってみてください。
 そしてもし、お近くで上映会があったら、是非、足を運んでみてください。
 自分自身を含め、大切な人たちがこの先どうしたら健康で幸せに過ごしていけるかというヒントがたくさん詰まった素晴らしい作品です。

『いただきます』の公式ホームページはこちらをクリック♪
コメント(4) 

コメント 4

つきみ

こんばんは。お疲れ様です。
食べる事は人間にとって大切な事ですよね
私が幼稚園に行っていたころは給食が不味すぎて
食べるのに苦労しました。映画の中の幼稚園は味にも
工夫があるから子供達が完食できるのかもしれません。
機会があったら観てみようかと思います(*'ω'*)
by つきみ (2019-03-23 21:55) 

Emi

♪ つきみさんへ ♪

(*^v^*)こんばんは!

つきみさんは幼稚園の給食で苦労されたとのこと。
食事を美味しく楽しくいただくことは、とても大切なことですのにね……。
残念な幼稚園でしたね。

映画で紹介されていた保育園では、食を通して日本の古き良き伝統を園児たちに伝えようとしていました。
そういう思いが根底にあるからこそ、愛情たっぷりの美味しい給食になるのだと思います。

つきみさんにも今回の作品をご覧になる機会がありますよーにー!
by Emi (2019-03-24 20:39) 

つきみ

こんばんは。
そうなんですよ!
メールでもお知らせしたように
先生から叩かれたり突飛ばされたり
見せしめのようなことをされていました。

映画ぜひ見てみたいです♪
by つきみ (2019-03-25 21:59) 

Emi

♪ つきみさんへ ♪

(>▲<)本当に、お辛い経験をなさいましたね。
一昔前は、出された食べ物は全部ありがたく食べなさいというような風潮が強かったように思います。

私が小学生の時も給食がなかなか食べ切れない子がクラスに必ずいて、休み時間中ずっと、ひどい時には帰る時間まで教室の隅で食べさせられていました。
なんかもう、その状況は食事というより、なにかの罰のようで、「かわいそうだなあ」と、子供心にいつも思っていました。
今現在の学校では、そんなことが決してありませんように!
by Emi (2019-04-07 11:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。