So-net無料ブログ作成

千年木につぼみがつきました! [あれこれ]

2.jpg 20年程前に、両親が沖縄旅行のお土産として買ってきた観葉植物に、今年初めて(!)つぼみがつきました!(*@●@*)

 「幸福の木なんだって」と、母からもらった時には、5、6㎝程の幹の一部で、まるで円柱の積み木のようでした。
 それを水につけ発根させた後、植木鉢に植えてみたら、ものすごい勢いで成長し、吹き抜けの天井に届かんばかりの大きさに!

 でも広い大地に根を広げているわけではないので、自身の重みに耐えられず、大きく伸びては途中で折れ、そして折れた部分からまた新しい芽を出し大きくなり……、を何度も繰り返すこと20年あまり……。
 北海道の寒い冬もなんのその、今までひどい病害虫にやられることもなく、次々に立派な緑の葉を出して、上へ上へと伸びていくのでした。
「なんて生命力の強い植物なんだろう」と、日々、感心していたものの、『幸福の木』ということ以外、ほかの情報について特に知りたいとは思わず、調べることは今までありませんでした。
 で、てっきり花をつけない植物だと思い込んでいたら、今回、つぼみがついて、本当にびっくり!!
「え〜、一体どんな花が咲くの!?」ということで、この植物が我が家にやって来てから20年目にしてやっと、あれこれ調べてみたのでした!(ーー;)植物さん、ごめんなさい……!

 すると、思いがけず、面白いことがあれこれわかりました♪
 実はこの植物、『幸福の木』というのはニックネームのようなもので、『千年木(せんねんぼく)』、あるいは『Tireaf(ティーリーフ)』というのが正式な名前なのだそうです。
『千年木』……、どうりで生命力が強いはずだわ……。
 本当の名前を知って、心から納得です。
 それからハワイでは、この植物を家の前に厄除けの御神木として植えたり、フラダンスの衣装に使ったり、お供え物を包んだりと、神聖な植物として古くから尊重し、生活の中に取り入れていたんだとか。

 ……知らなかったとはいえ、今まで御神木がリビングにあったのね……。
 訪ねてきた友人やお客様に、「これは我が家の御神木なの!」と、冗談半分で言っていたことが、本当のことだったとは!!!(@■@;)あらあら、まあまあ!

 ともあれ、この先、どんな香りの花を咲かせるか、乞うご期待です♪
 花が開いたら、またお知らせしますね♪(*^v^*)
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。