So-net無料ブログ作成

前世療法 その2 [ちょっと不思議なお話]

 さて、私の子供時代のことですが、なぜかキリスト教会に大きな興味を持っている子供でした。
 両親は無神論者ですし、近所に教会があったわけでもなく、周りに誰一人、キリスト教信者などいなかったのに!です。

 何歳から興味を持っていたか、その辺は定かではないのですが、幼稚園に通っていた頃にはすでに興味を持っていた気がします。
 通っていた幼稚園も、一般の市立幼稚園でした。
 
 子供の頃の私は、シスターを町で見かけると、いつも懐かしいような切ないような不思議な気持ちになりました。
 そして、あの独特な修道服を着て彼女達の後をついて行きたいとさえ思いました。
 ステンドグラスや、キャンドルを灯した生活にも憧れを感じていました。
 十字架のペンダントが欲しくてたまらず、お祭りの夜店でお小遣いをはたいて買ったこともありましたし、アニメや映画で教会の場面があると、やはり何か特別な気持ちになって、胸がキューンとしましたっけ。
 小3の時には、(まだ8歳だというのに!)聖書の通信講座なるものを見つけ、自分で申し込み、途中で投げ出すことなく修了証までいただいたこともあるんですよ!
 その講座は確か、12回程のコースだったと思うのですが、けして子供向けの講座だったわけではなく、送られてくる課題の小冊子には読めない漢字もたくさんありましたが、提出した課題が添削されて戻ってくると、すぐにまた次の課題に取り組んで提出するといったように、ものすごく熱心に取り組んでいたことを覚えています。
 
 ね?
 ここまで読んだだけでも、充分に変わった子供だったことがお分かりになるでしょう?
 でも、まだまだおかしなエピソードがたくさんあるんです!

 私は小学生の時に三回引っ越しをしているのですが、小5の時に越した町にはなんと(念願の?)教会があり、誰に誘われたわけでもないのに、やはり自らすすんで日曜学校へ通いだしたのでした。
 更には高校生の時、自分の好きな音楽について研究発表するという授業で、私は『宗教音楽』を選んだのでした。
 周りのクラスメイト達はポップスとかロックとか、楽しげな当時流行のジャンルを選んでいたのに、私だけなぜか、宗教音楽……。
 高校生女子がよりによって宗教音楽……!
 渋い、渋すぎる!
 何考えてたんだ、私!?
 いつの頃からか、私は賛美歌の、あの神聖なハーモニーやオルガンなどの音色にも心奪われるようになっていたのでした。
 そんなわけで、ウィーン少年合唱団にもはまっていた時期がありました。
 私の選択に、「へー、面白いねえ」と言ってくれたのは、音楽の先生だけで、クラスメイト達は思いっきり引いていました。
 そりゃそうでしょうね。
(先生も内心、どう思っていたことやら……)
 
 といった具合に、とにかく、自分の過去を振り返ってみると、キリスト教と関連するような出来事がたくさんあるんです!
 ですが、子供の頃は宗教やキリストがどういったものか全く知らず、純粋な興味だけで行動していたわけで、子供の私にとっては絵を描いたり歌ったりと、そういった楽しみと変わりなかったように思います。
 
 ほかにも、自分で「どうしてだろう?」と思うこととして、『水が怖いこと』があります。
 足が床につくお風呂やプールは大丈夫なのですが、深いプールや海を前にすると、ちゃんと泳げるにも関わらず、身体がすくんでしまうのです。
 それと、暗く狭い空間も苦手です。
 時々、災害や事故で、瓦礫に挟まれて幾日も過ごし助けられる、あるいは残念ながら亡くなるといったニュースがありますが、私はその状況をちょっと想像しただけで、『死』を感じるほど息苦しくなってしまうのです。
 そんなわけで、そういったニュースを見聞きした時には、あまり深く感情移入しないよう、気を付けています。
 あと、ヨーロッパ旅行をした時に気付いたのですが、石畳が敷き詰められた古い街並みを歩くと、嬉しいような泣きたいような、なんとも言えない特別な気持ちが胸の奥から沸き起こってきます。

 性格的な面で言うと、型にはめられるのが大嫌いなことや、自由を奪われることが何より一番辛く感じること。
 その一方で、自分でも呆れるほど、四角四面な考え方をついしてしまうこと。
 
 で、前世療法で、これらの謎が解明されたかについてですが……、ええ、本当に、全く思いもよらない多くのことがわかったのでした!!

<つづく>
コメント(2) 

コメント 2

つっちゃん♪

エミ先生お久しぶりです♪前世療法・・・前世には以前から少し興味はありましたが、前世療法は初めて聞きました(^_^;)輪廻転生があるのならば自分は今の自分になる前はどこでどんな生き方をしていたのだろう?とか考えたりすることもたまにあります(^_^;)先生は幼少の頃からキリスト教が(教会が)気になったりして自ら進んで学んでいたりしたんですね(^^)何か苦手なことがあったりすると前世から引き継がれてしまっているのかも、と思ったりします。前世は自分が知らない世界でもあるから逆に興味を持つのかも(^_^;)私は中国の二胡という楽器を聴くとなんか懐かしいような切ないような気持ちになります。「その3」も楽しみにしてま~す♪(^^)
by つっちゃん♪ (2016-08-16 21:12) 

Emi

♪ つっちゃん様 ♪

コメントありがとうございます。
(^o^;)なかなか続きをアップできなくてごめんなさい。
前世療法、今思い出しても不思議な体験だったなと思います。

つっちゃんは二胡の音色に心が動かされるんですね。
もしかしたら、前世は中国と関係がある人生だったのかもしれませんね。
by Emi (2016-08-21 19:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。